まだまだ戦える?iPhone6sに買い替えないiPhone5ユーザは 一度メンテナンス・設定見直しを!

この記事がよかったら シェア お願いしますヽ(=´▽`=)ノ

本日の人気記事
iphone6s

本日、9月10日(現地時間9月9日)に恒例のアップル発表会があり、iPhone 6s / 6s Plus、iPad Pro、新しいAppleTVなどの新製品が発表されました。

予想通りの内容だったので個人的には驚きは少ないのですが、気になるのはやはりiPhone 6s / 6s Plus

いまだにiPhone5を使っているので、出来ることなら買い替えたいところです。なんだかんだともっさりしてますからね。電池持ちも悪いし。

ただ価格面が若干ネックになりつつあります。

ちなみに価格はこんな感じ。

iPhone 6s 16GB 8万6800円
iPhone 6s 64GB 9万8800円
iPhone 6s 128GB 11万800円
iPhone 6s Plus 16GB 9万8800円
iPhone 6s Plus 64GB 11万800円
iPhone 6s Plus 128GB 12万2800円

税抜きの価格なので、税込だと10万円以上・・・oh

ってことなので、お得な買い替えキャンペーンでもない限りしばらくはiPhone5で生活することになりそうです(TдT)

もう少しiPhone5に頑張ってもらうためにも、ちょっとでももっさり感を解消できないか調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

文字入力のもっさり感を解消する!

iPhone5の一番の不満点はこの「文字入力」のもっさり具合。フリーズして全く動かないということが結構あります。

原因はいろいろあると思いますが、変換学習をリセットすると劇的に解消できることがあります。

変換学習をリセット

今までに入力したことのある単語を記憶しており、予測して変換候補に表示される機能です。

使えば使うほど便利ですが、その反面、長く使っていると保存したデータが多くなり負担をかける恐れがあります。リセットしてみましょう。(ユーザー辞書はリセットされません

『設定』→『一般』→『リセット』から、”キーボードの変換学習をリセット”を選択。パスコードを入力すればリセット完了です。

reset2

視差効果を減らす

視差効果とは、iOS7のフラットデザインの採用とともに追加された機能で、iphoneの画面を斜めにするとアイコン・壁紙がゆらりと動いて奥行き感を擬似的にだしたり、アイコンにズームイン・ズームアウトしたり・・・といった効果です。

個人差があると思いますがゆったりとした印象があるので、いちど「視差効果を減らす」をオンにして様子を見てみるといいかもしれません。

『設定』→『一般』→『アクセシビリティ』から、”視差効果を減らす”をオンに。

sisa2 sisa1

スリープボタンの代わりにAssistiveTouch

一部の iPhone 5 モデルのスリープ/スリープ解除ボタンが機能しなくなる (または断続的にしか機能しなくなる) ことがあります。(対象は 2013 年 3 月以前に製造された iPhone 5 モデル)

iPhone5_sleepwakebutton_loc_ja_JP

Apple では、無償交換に応じてはいますが面倒だからとそのままの人も多いはず。

あまりスリープボタンを酷使しないよう&動かなくなったけど交換が面倒だという人はAssistiveTouchが便利。

AssistiveTouch

AssistiveTouchとは、ホームボタンや音量などのボタン操作を、画面上に丸いメニューを表示させてかんたんに行えるようサポートする機能です。

詳しくはこちら。

iPhone、iPad、または iPod touch で AssistiveTouch を使う – Apple サポート

iphone6-ios8-assistive_touch-button iphone6-ios8-assistive_touch-menu

これをつかえばスリープボタンが利かなくても、スリープ・電源を落とす・スクリーンショットなんかが使えます。

付け焼き刃的ですが、なれると結構使いやすいです。

ただ出来ることならiPhone 5 スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラムを利用しましょう。

メモリを解放

何かと困ったときはメモリを解放!ふとした時にはメモリを解放!

付け焼き刃的ですが、これだけでも全然違いますね。

メモリを解放する時は、メモリ解放アプリを使えば大丈夫です。AppStoreで「メモリ解放」とかで検索すれば沢山出てきます。

ちなみにぼくが使っているのはこれ。

iMemoryGraph

無料
(2015.09.10時点)
posted with ポチレバ

memorykaiho1 memorykaiho2

iPhone3GS時代から惰性で入っているだけですけどねw

携帯用充電器は必須!!

結局これが一番の問題です。どうやってもiPhone5は充電が持ちません・・・

こればっかりは携帯用充電器で対処するしかないです(>_<)

こだわりが特に無いのならAnkerあたりだと価格が安いのでオススメです。

ただ個人的におすすめなのはラブリーなダンボーですがw

少しでも電池の減りを抑えるために

電波をつかもうとする時に電池を消費します。電波の入りが悪いところに行った時は思い切って「機内モード」をオンにしちゃいましょう。どうせ電波が入らないんですから。

ちなみに今使っているiPhone5は、電波の入りが悪いところで1時間で50%も減りました。 電池減るし電波が入らないという二重苦でしたw

「機内モード」はiPhoneの下をスワイプして出すコントロールセンターから。

kinai

まとめ

結局のところiOSをアップデートしていくにつれてもっさり具合がましてしまします。今のところiOS8.4でも問題無いですが、この先どうなるかわかりません。というか確実に厳しいでしょう。

昔のように新しいiPhoneが出る度に真新しい機能がつく、ということもなくなってきているので、そろそろ購入スパンを長くしても要さそうです。2年ごとに買い替え(早い人は1年)するにはちょっと勿体無いですからね。

iPhone5、大事に使いましょう!!(;・∀・)ホントハiphone6sホシイ

iPhone 6s – Apple(日本)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

この記事がよかったら シェア お願いしますヽ(=´▽`=)ノ

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)